半地下の住まいと窓の位置

半地下の住まいと窓の位置

半地下の住まいと窓の位置

新しい住まいを作るときに、その住まいをより良いものにしたいと思ったら、窓をつける位置を考えて付けるのがおすすめです。
通常窓というのは、部屋の壁に取り付けるというイメージが強いかと思います。
確かに、壁に取り付けるのが一般的ですし、壁に窓を取り付けることで、光をたくさん摂り入れることができます。
また、大きな窓を取り付ければ、そこから庭に出ることもできます。
ですので、壁に窓を取り付けるのはとても良いことなのです。

しかし、もしもご自身のお部屋が半地下のような場所にある時はどうでしょう。
半地下の場合には、その建物の横部分に窓をつけたとしても、しっかりとした光を得ることはできませんし、風通りも良いとは言えませんので、窓をつけても窓の良さを活かすことができない状態になってしまいます。
そこでオススメなのが、窓の位置を調節することなのです。

例えば半地下の場合、半地下部分は、その上に接続する階よりもすこしサイズを大きくしておきます。
サイズを大きくしておくことで、半地下部分に屋根ができた状態になります。
ですので、その屋根部分に大きな窓を取り付けるのです。
屋根に窓を取り付ければ、真上から太陽の光を取り入れることができますので半地下というあまり良い場所でなくても、とても良い空間に早変わりさせることができるのです。
また、屋根に窓を取り付けてしまいますと、窓を開けるのが大変だというイメージも強いのですが、実際にはそのようなことはなく、ブラインドのように、窓を開ける器具を手の届く場所に取り付けることもできます。
ですので、好きな時に簡単に窓を開けることができますので、空気の入れ替えもとても容易になるのです。
ちなみに、窓掃除に関しましても、家の外側から掃除をすることができますので、そこまで大変には感じないのではないでしょうか。天井に窓がついた住宅は、非常にモダンなイメージをかもし出すこともできますし、とてもオススメなのです。

住まい・住まい・その他のおすすめをご紹介

Copyright (C)2014半地下の住まいと窓の位置.All rights reserved.